トップ

助産師で出産するなら

妊娠したら出産場所を選ぶ

助産院のメリットデメリット

妊娠が分かったら、無事な出産を迎えることが一番の願いでしょう。
出産のための施設は、一般的に産婦人科専門の開業医、産婦人科のある総合病院や大学病院などの医院を想像するのではないでしょうか。

ただ、出産場所として選ぶことができるのは何も病理施設だけとは限りません。妊娠検査を行うのは病院ですが、その後の定期検診や、いざ出産の時を迎えた時、大学病院や評判の高い産婦人科は緊急的に受け入れてもらうのが難しいというケースがあります。
大学病院などは予約人数も多く、不安な時や体調がすぐれずに相談したいというシーンで、なかなか満足のいく診察やアドバイスをもらえない可能性があります。
そこで、助産院で出産するという選択を紹介します。

助産院での出産に興味があるならこちら。

助産院は、資格を持った助産師が分娩の手伝いをし、妊産婦と産まれた赤ちゃんの保健指導などを行います。経過観察のための検診も適時行っており、安全に出産できるためのサポートをしてくれます。

ただ、助産院は病院と違って産科医がいません。そのため、出産の時には母子ともに医療行為を受けることはできないこととなっています。医療に頼らず、あくまでも自然分娩の手伝いを助産師が行うのが目的の施設です。
そのため、母子ともに自然分娩が可能な場合でなければ助産院での出産はできません。あらかじめ助産院での出産が可能かどうか、母子の状態を検診で医師に診てもらう必要があります。万が一妊娠経過を見て、自然分娩が難しくなった場合は、提携している産婦人科のサポートを受け、転院することもできるので安心です。

何より、助産院での出産は病院とは違って、アットホームな環境の中で妊婦の望むスタイルで自然分娩ができるのが大きなメリットです。自宅出産に近い雰囲気の中、寝たままの姿勢でいきむのではなく、立ち膝などの楽な姿勢を取りながら自由な出産することができます。

Copyright © 妊娠したら出産場所を選ぶ. All rights reserved.